転職活動で希望の会社に応募してみても、書類選考で落とされ面接までたどり着けない。そのような中高年(30~40代)も多いと思います。

書類選考で落とされる人は多いでしょう。ではなぜ書類選考で落とされているかを分析しなければ、また書類選考で落とされ面接すら受けさせてもらえません。

一度自分の履歴書・職務経歴書を見直してみる必要があります。

書類選考で落とされる理由

よくある理由で、そもそも企業側の条件にマッチしていないことがあります。

年齢・性別

求人をする企業側には、求人情報に書かないだけで基準が必ずあります。例えば「20~25歳の男性が欲しい」といったケースです。

この場合40歳の人であれば、どんなにスキルやキャリアがあっても書類選考の時点で落とされるケースがほとんどです。

バリバリ働けるプレイヤーを探しているのに、落ち着いたマネージャークラスを雇うわけはありません。

このように、応募可能な求人かどうかを冷静に見極める必要があります。

必要条件を満たしていない

よくあるのが大卒以上という条件です。この場合に高卒で応募するとどうなるのでしょうか。

「スキルやキャリアは十分にあるから自分なら高卒でも大丈夫」

このような勝手な判断は禁物です。大卒以上が条件なので、それ以外の応募者を振るい落とそうと考えている企業であれば、確実に落とされます。

この場合スキルやキャリアは問題ではありません。このような場合でどうしてもその企業に応募したいのであれば、応募先の企業に直接確認する必要があります。

書類作成能力が低い

上記の年齢や性別のターゲットも合致している、必要条件も満たしている、このようなケースで書類選考を通過できない場合は、履歴書や職務経歴書などの作成能力が低い可能性があります。

ただ思いつくままに応募書類を作成して、自己満足している可能性が高いです。このような人たちは、自己PRのポイントがずれているケースが多いので注意が必要です。

書類審査に通過するためには、一定のルールがあります。その点を気を付ければ書類審査を通過する可能性はかなり上がります。

ただ長いだけの自己PRでは読まれない

30~40代ともなれば、スキルも経験もある人は多いです。そのような人がやりがちなミスは、「あれもこれもできます!」と書くことです。

つまり何でも自己PRしているというケースです。焦点がぼやけていて、ただ長いだけの何を伝えたいのか分からない文章。そのような文章を採用担当者は読もうとは思いません。

せっかくスキルやキャリアがある人であっても、応募書類をちゃんと読んでもらえなければ話になりません。

1名の募集で100名以上の応募があるケースも実際にあります。採用担当者は、その応募書類を隅から隅まで読むほど暇ではありません。

まとめ

応募する前に、企業の応募・必要条件(年齢や性別、必須条件など)を自分が満たしているかを見直してみましょう。自分本位で勝手な判断をしても、また書類選考で落ちることになります。

採用担当者にしっかり見てもらうためには、転職ノウハウを詰め込んだ応募書類の作成をする必要があります。その為には、自力で転職本などを読んで応募書類を作り直す方法もあります。

ですが人材紹介会社などで、キャリアコンサルタントに転職ノウハウを教えてもらいながら応募書類の作成をしたほうが、書類選考を通過できる可能性は高いです。