数年前のことです。当時三十代だった私は転職しようと考え、一足先に仕事をやめてしまいました。

体力的に限界

それまで勤めた会社は、給与や仕事の面白さは悪くなかったのですが、長時間の残業が多く体力的に非常にきつかったのです。

残業代がないにもかかわらず、残業時間は評価に反映されボーナスに影響していました。

なので評価をあげるため長時間の残業をする人が多い中、自分だけ残業しないで帰宅するのは難しく、もう体調的に限界でした。

転職先を探すために、リクナビNEXTとリクルートエージェントに登録しました。

リクナビNEXTに登録する

リクナビNEXTとリクルートエージェント

リクナビNEXTは、WEBから求人を検索して応募する転職サイトです。

リクルートエージェントは、キャリアカウンセラーが自分にあった求人を紹介してくれて求人に応募する人材紹介サービスです。

リクルートを選んだのは、やはり大手のリクルートが経営するサービスだから案件も多いだろうと考えたからでした。

リクナビNEXTから求人に応募しつつ、リクルートエージェントに伺いキャリアカウンセリングを受け求人情報をもらいました。

最初は条件のいい政府系案件や有名大企業に応募していましたが、なかなか履歴書が通らず面接まで辿り着くことができませんでした。

すでに退職もしていたのに、三ヶ月ほどは応募しても面接に行けない日々。

どうしたらいいのかわからなくなって困ってしまいました。

勧められたベンチャー企業

そんな私に、リクルートエージェントのカウンセラーが「もう少し小さい会社を狙ってはどうでしょう」と、とあるベンチャー企業の求人を差し出しました。

キャリアカウンセラーによればその会社はベンチャー企業と言っても、大手企業の社内ベンチャーから起ち上げられた会社であり将来有望であるとのことでした。

また小さな会社なので、きっと自分のやりたい仕事で活躍できるとアドバイスいただきました。

そのアドバイスで、それまで目が行かなかった小さな会社にも応募するようになり、結局リクナビNEXTから応募したベンチャー企業に就職しました。

リクルートエージェントからの就業とはなりませんでしたが、アドバイスに助けられた形です。

転職し、年収は少し下がってしまいましたが、残業はそれほど多くなく体力的には楽になりました。

小さな会社なので、面白い仕事も任せてもらえているので、この転職に満足しています。

リクルートエージェントに登録する