転職したのは40代になったばかりのころです。

40代で転職を考えるように

それまではメーカーで、中期経営戦略や事業開発のなどの仕事をしており、自分なりに、マーケティングと事業戦略、組織マネジメントのスキルは高められたと思っていました。

それで40代に差しかかかった時に、このままこの会社で仕事をしていても、スキルのアップは見込めないことと、それに伴って年収も大きく上がることは無いということを考えて、いっそのこと転職をというように思い始めました。

また自分の培ってきた、マーケティング、事業戦略、組織運営のスキルがどこまでほかの業界で生かせるか、という興味もあり、ある種他流試合をするつもりで、他社で働くことを考えるようになりました。

その時に、登録したのがリクルートエグゼクティブエージェントです。

リクルートエグゼクティブエージェント

ここは、一般の転職エージェントのように、宣伝などで登録者を集めるようなことはせず、リクルートエージェントに登録した候補者のうち、高い年収が見込める(つまりエージェント会社にも大きな手数料が入る)という人間をピックアップして、レベル高いコンサルタントが、丁寧に対応して転職成功に持っていく、という会社です。

また、普通の転職エージェントには出ないような、極秘でかつ年収も、ポジションも高いような案件を多く抱えているようでした。

その転職活動の結果ですが、自分としては非常に満足のいく結果でした。

転職したのは、戦略系のコンサルタント会社にコンサルタントとして入社することで、仕事はコンサルタントのほかに、その会社で開催するセミナーの講師なども行うような内容でした。

かなり上がった年収

期間は転職活動を始めて3か月ほどで決まりました。

コンサルタントなら、様々な会社とかかわって、その中で自分のスキルを生かすことができそうでしたし、またクライアントの業種も様々なので、自分自身のスキルアップにつながると思いました。

さらには、年収がメーカー時代と比べて、300万以上上がったので。その点でも非常に満足できました。

そういう案件ばかり扱っているエージェントなので、紹介された案件自体はさほど多くはありませんでしたが、結果的には自分の希望以上の職場に転職することができたので、非常に満足しています。

リクルートエージェントに登録する