僕は現在36歳の男性で、約5年前の31歳の時に初めての転職活動をしました。

しかも、転職をする前に会社を辞めてから転職活動をしました。そのため次に何をしたいかとか、どういう業界にいきたいのかも何も決めていませんでした。

自分で一から就職活動をしようと、最初は大学の時の就職活動と同じように、エンジャパンなどの転職サイトを見ていましたが、調べてみると転職エージェントという世界があるのを知りました。

いろいろ調べてみると転職メインでやっているため、キャリアカウンセリングなどを丁寧にやってくれ、転職につながりやすいとのことだったので利用することにしました。

私が登録した転職エージェント

僕が登録したのはリクルートエージェント、マイナビエージェント、DODA、パソナキャリアの4つでした。

その4つに登録して、キャリアカウンセリングなどを受けたのは3社でした。

パソナキャリアは電話連絡が遅かったりするなど対応がいまいちだったので、登録だけでその後の進展はありませんでした。

僕の場合は、残りの3社から最終的にはDODAにお願いして転職を決めました。

DODAを選んだ最大の理由は、担当者の方にキャリアカウンセリングをしてもらったのですが、自分が納得するまで何度も回数と時間をかけて、僕の適性や能力を企業の求める人材とマッチできるように提案してくれたことです。

もちろん模擬面接もやってくれました。また、結構シビアに厳しいことを言ってくれたりもしてくれました。

もし転職したらどういう形になるか、将来のことも念頭におきながら道筋を立てて適切にアドバイスしてくれたことです。

DODA(デューダ)

DODAの担当者はよかった

一方、他の2社のエージェントの場合は、キャリアカウンセリングをしてもらう際の担当者が頼りない感じで、自分が納得できないまま話を進めようとしている感じがしました。

だから、全体的にうまく話がかみ合わなかったのです。

また、僕に適する求人情報を持ってきていただいたのですが、その後「ここしかないから受けてみた方がいい」と僕の意見よりも、早く転職をさせたいという気持ちが見え隠れしているようでした。

DODAのコンサルタントの方は、「決めるのは○○さんですから納得のいく形で応募した方いいです。

でも、企業側ももちろん納得した形でしか採用しませんから、適性の合う会社を見つけて、納得させられるアピール力を身に付けられるようにサポートします」と言われ、非常にこちら側の立場を理解してくれた対応をしてくれました。

転職活動の結果

結果、僕は旅行会社から飲料メーカーへ納得して満足できる転職をすることができました。

転職して給料は500万から450万くらいに下がりました。しかし現在は転職して5年目になり、500万以上の年収をもらい、辞めたいといった気持ちも全くなく、一生懸命に頑張っていけています。

この会社が自分に合っているのだと思います。

前職の会社を辞めて、次の転職先が何も決まっていなかった自分が、現在のように安定した生活を送ることができているのはDODAの担当者の方のおかげです。

DODAのコンサルタントの方には、本当に助けてもらいました。

DODA(デューダ)の詳細はこちら