私は20年ほど前、メーカーに勤務していた技術職の人間でした。

そこで約5年ほど働いていたのですが、そのおり、技術職から営業支援職に異動となりました。

技術職で生きていきたいのに

それまではオフィスプロセッサや、パソコン上で動作させるソフトウェアの開発や運用などを業務として行っていたのですが、それがいきなり、営業支援という内容になり、当時本当に悩みました。

パソコンの問合せとかでしたらまだよかったのですが、いろいろなものを扱うメーカーであったために、洗濯機や電話機といったものの取扱いや、直接的な顧客の問い合わせなどがあり、慣れない私は苦しみの中にありました。

私自身、反省すべきところが多数あったので仕方ないところがあったのですが、当時、ずっと技術職の道で生きていきたいと願っており、その思いを捨てきることができなかったため、転職したいと思うようになりました。

転職を決意してすぐに

約15年ほど前になり、当時、私は30そこそこでございました。

そして、転職をお手伝いしてもらえる機関をインターネット等で調べて、リクルートエージェントという人材紹介会社に登録させていただき、転職の支援をお願いしました。

結論から申しますと、支援をお願いして、約3か月がたち、希望の会社に転職することが叶いました。

会社の規模はだいぶ小さくなりますが、システム開発を行ういい会社でした。

転職後、システム開発の業務に没頭することができ、充実した日々を過ごすことができました。

キャリアコンサルタントの対応は

キャリアコンサルタントの方は女性の方が多かった気がします。私の担当になられた方は女性の方で、清潔感のある女性という印象が強かったです。

オフィスも清潔感のある空間で待合室も落ち着いて作業をすることができたのを覚えています。

キャリアコンサルタントの方も熱心にお世話いただき、また、顧客の要望をしっかり聞いていただけたのをよく覚えています。

年収に関しては、転職前とはそれほど変化はありませんでした。ただ、続けていきたい職業につけたので、当時の私は満足でした。

リクルートエージェントの詳細はこちら