私が、人材紹介会社に登録を始めたのは、50歳の誕生日を迎えた時でした。

子供も社会人になり、家を出ましたので母としての役割にもひと段落がついた時期でした。

社会復帰をしたいと思いパソナに登録

もともと主婦をしていたときに、パソコンスクールへ通ったことがありました。

新しいスキルを身につけてボケ防止につながればいいなと思って取り組んでいたのが、HP作成スキルでした。今も趣味でブログを書いたりしていますが、自作のHPで掲載をしています。

そのようなスキルを、子供から「すごいスキルだから家の中だけでするのは持ったいないよ」と言われるようになりました。

そこまですごいスキルだとは自覚がありませんでしたが、50歳を目処に一度社会復帰をしてみたいなと思うようになり、人材紹介会社のパソナに登録をしました。

50歳の主婦ですので、あまりこの年齢から社会復帰をしている人や、登録をしている人はいないのではないかと思っていました。

ですが、パソナでは、比較的女性の登録者数が多いことや、私のように40代から50代の女性が特に登録しているということを知りました。

そう言った背景から自分も一度登録をしてみようと選ぶことにしました。

パソナキャリア<詳細>

50歳でも仕事が決まる

私が希望した職種は、IT関連のスキルを活かしたWEBサイトの構築でした。

もともと趣味でも行っていましたので、プロの方々と一緒に仕事して、自分の知らなかったアイデアや、最新のWEB構築パソコンソフトの扱い方などを、業務の中から学んで、スキルをさらに伸ばしたいと思っていました。

実際に通販サイトの企業に就職することができました。

かかった期間はおよそ2か月。派遣社員での登録でした。実際のスキルや業務実績に応じて、契約社員や準社員に昇格していく雇用契約となっていました。

キャリアコンサルティングとのやりとりは、まずはオフィスに訪問をして、自分のキャリアシートを記載し、どのような職種を希望しているとか、希望雇用時期などを明確していきました。

そして、幾つかコンサルティングが持ってきた企業情報に目を通して、面接を受けていくという流れでした。

働き始めてから

実際に雇用がスタートした後は、1週間するとコンサルティングの方が会社まで訪問をしてくださり、働き始めてからの不安なことや不満などを質問してくれるなど、気配りがとても丁寧で安心をしました。

電話対応やメール対応だけでなく会社まで足を運んでくださるのは非常に安心しました。

仕事を始める前までは、もちろん主婦業を専門にしていたため、収入は0円でした。

しかし、今は、月に18万円の手取りを受け取ることができています。夫の稼ぎもありますので、まるまる私の稼いだお金は貯金や旅行などに費やしている状態です。

自分のスキルも伸ばせて、以前よりも余裕のあるお金が生まれていることがとても経済的に楽になりました。

パソナキャリアの詳細はこちら