主人の給料がガクッと減って「これはまずい!」と思ったのが、主人の昨年の4月末の給料を見たときでした。

子供も中学生で、これからお金がかかるので「これは私がもっと働かねば」と思い、パソコンで求人検索をしていました。

たまたまいい仕事があったので申し込んだところ、キララサポートという転職エージェントから電話があり、そのまま言われるがまま登録という運びになりました。

48歳で転職を決意

転職エージェントに申し込んだのは48歳です。女性ですし、さらに年齢的にも転職は難しいかなと思っていました。

特にその人材紹介会社を選んだということもなく、たまたま家の近くにいい求人があったので、それに申し込んだつもりでしたが、人材紹介会社の扱いでしたので、そのままその人材紹介会社に登録してから紹介という形になりました。

今までパートとして仕事をしていましたが、正社員でということで仕事を探していました。

「今さら48歳で、正社員として採用してくれるところなんてそうないだろう」と思っていましたが、介護という仕事もあり人手不足だったので、あれよあれよという間に採用が決まりました。

ネットで申し込んで二週間くらいで採用になりました。

人材紹介会社は面接対策もしてくれた

ネットで申し込んだ後、人材紹介会社から一度会社にきて登録作業をしてもらいたい旨の電話がありました。

ですが、少々遠いこともあり面倒だなと思って、「行けません」と言ったところ、メールやファックスなどで構わないということでした。

ぐいぐいこられて言われるがままに作業を進め、結局面接同日に人材紹介会社の担当の人と会うことになりました。そういう点ではとても助かりました。

また面接についても、予想される質問等メールや電話で色々とアドバイスを受け、履歴書や職務経歴書なども手直ししてもらいとても助かりました。

しかし何かにつけて電話がかかってくるので、少々面倒だなと思うこともありました。

初出勤日や、その後も何度か様子を聞いてくるので、それに関しては「ちょっとしつこいな」なんて思ったこともありました。

正社員になったおかげで

しかしパート社員から正社員へと転職することによって、収入的には2倍以上になりました。

そのおかげで、生活費や子供の学費の心配も少しは減りました。

「女性だから」、「年だから」、「ブランクがあるから」、「資格など持っていないから」などと悩まずに、人材紹介会社に登録してみるのもひとつの手だと思います。

私のように、特に資格のない48歳でも正社員として仕事が見つかりましたので。