私は、IT業界でシステムエンジニアとして仕事をしてきましたが、今まで2度の転職を経験しました。

転職を実現

いずれの転職でもいくつかの人材紹介会社に登録し、活動を進めるという形をとりましたが、最終的には2度ともリクルートエージェントの紹介で、転職を実現させることが出来ました。

まず最初に、具体的に転職活動を行った時期ですが、1度目は2007年の2月から5月にかけて、2度目は2012年から13年にかけて1年程度かけて活動を行いました。

いずれも登録先は実際に転職に繋がったリクルートエージェントをはじめ、インテリジェンス、マイナビ、パソナキャリア等です。

転職時の年齢は1度目が30代前半で、2度目が30代後半です。両方とも特に年齢的なハンディは感じませんでした。

大手人材紹介会社の豊富な求人数

いずれの場合も、転職の際の人材紹介会社の選択理由はとにかく大手であること。

それは、首都圏から京阪神圏、および地方への転職となったため、求人数が首都圏に比べ大幅に減ることが予想されたため、大手の持つ多くの求人数というメリットを生かす必要があったためです。

また、大手の場合は、都市圏や地方など比較的関係なく多くの実績を持っていることが多いため、そこの強みも自分の転職に生かしたかったということもあります。

リクルートエージェントに登録する

転職の結果

転職の結果、実際に首都圏から京阪神圏、そして自分の地元への転職が実現できたので、その面では転職は成功したと言えます。

ただし、転職期間としては先にも述べましたが、1度目は3ヶ月ほどですが、2度目は1年と非常に長くかかりました。

これは、とにかく地方へのUターンのため求人が少なかったことに尽きます。1年も掛けましたが、実際に希望条件に合う求人は数件でした。

転職期間はかなりかかりましたが、その中でも実際に転職を実現できたリクルートエージェントでは、他社に無い理想に近い求人を出して頂けるなど、地方も強いと感じました。

アドバイザーのサポートも非常に的確でこまめなサポートを長期間我慢強くして頂けたと思います。

利用した人材紹介会社の評価

利用した各人材紹介会社では、やはりリクルートエージェントは求人数が最も多いと感じました。

ただし、結果的に時間はかかりましたが、とにかく早く転職させようとするアドバイザーの意図が強過ぎるようにも感じました。

インテリジェンスは求人数は落ちますが、アドバイザーのサポートの質は非常に良かったと感じました。大都市圏の転職では十分強いと感じました。

他は、あまり求人数も出して頂いていないので、評価は避けておきます。

年収は転職後、はっきり言いますと下がっています。

ただ、私の転職の目的は地方へ移り住み、長時間の通勤などすることなく家族とともに生活をすることでしたので、その意味では目的はしっかりと果たせたと感じています。

リクルートエージェントに登録する