電子部品業界では、定期採用だけでは技術者が不足する場合、それを補う為に即戦力が期待できる技術者の中途採用を行う事が時々あります。

この時には、技術マネージャーと人事マネージャーがペアで面接を行うのが一般的です。

人事マネージャーは一般的な社会人としての資質をチェックし、技術者マネージャーはキャリアやスキル、そして技術者としての将来性についてチェックする質問を分担して行い、採否の判断を下していきました。

好感が持てない人も多い

私は技術マネージャーの立場で、何度も中途採用面接を行った経験があり、その中で30代や40代での中途採用で必ずチェックする項目と、好感の持てる回答として以下の様なものが挙げられます。

中途採用ですので、現在の会社を辞して、当社への転職をなぜ希望するのかを真っ先に人事担当が質問します。

すでに前の会社を辞めていて失業中の人もいますが、その場合にはなぜ前の会社を辞めたかも当然質問します。

理由は人様々に置かれている状況で異なります。

ですが回答の中で、元職場や現職場をことさら悪くけなし過ぎる応募者にはやはり好感が持てず、もっと突っ込んで質問してやろうと言う気持ちになるものです。

入社してわずかな期間での転職ではなく、30代や40代でそれなりの期間勤めていたのですから、良い点もあれば悪い点もある事を感じていたはずです。

それを素直に話し、「転職を機会に元や現職場で培ったスキルを元に、更に自分の成長を図り大きな仕事に挑戦したい」といった、前向きな発言に繋いでいく方にはやはり好感が持てるものです。

資質とやる気を見る

この質問と合わせて、30代や40代で中途採用する場合、すでに同年代で勤務している人に「2、3年の経験を経れば、追いつき追い越せる資質があるのか」、また「やる気が見えるか」の質問は必ず行いました

本人のキャリアを確認し、保有するスキルに関して、どの程度のレベルかを押し計るために、元や現会社でそのスキルがどの程度のレベル評価に当たるのかの自己評価を答えてもらう様にしていました。

この回答で、スキルがあると話しているのに、更に突っ込まれるのを恐れている様な気配が見えたり、自信なさそうで、そのスキルの自己評価もあいまいな場合がある人がいます。

逆に、自信満々で誰よりも優れていると大ボラを吹くような人は、やはり信用できないと言わざるを得ませんでした。

「前会社ではそれなりに優秀なスキルと自負はしているものの、世界は広く、まだまだ勉強しスキルを磨き、必ず御社の期待に答えられるように頑張り続けたい」と結んでもらえると、やはり好感が持てるものです。

30代や40代での中途採用には、やはり社会人として、その人なりのしっかりとした考え方があり、また即戦力として期待できるかを、面接でチェックしようとしています。