電機メーカーのソリューション会社でSE職を求める場合の話です。

30代、40代の中途採用を求める場合に、必ず行う質問があります。

それは「この会社に志望する動機」と、「これからどのようなことをこの会社で活かしていきたいか」という2つの質問を投げかけかけます。

明確な答えを用意しているか

前者の質問について期待することは、「この会社の有望性なり、将来性をどのように見ているのか」ということです。

自社の中からでは見えない企業イメージを、客観的に、どのように判断してくれているのかということをまず知ることが質問の目的です。

後者の質問に対する回答では、彼らが、「この会社に再就職することによって、明確に自分の活かせる場所を持てるかどうか」また、「自分のビジョンもしっかりと持っているかどうかを判断したい」ということで質問を投げかけています。

明確なビジョンを持っているか

自分の明確なビジョンを持っている人であれば、「この新しい会社においても、おぼろげながらでも自分の活かせる仕事内容をはっきりと答えることができる」というふうに思っています。

中途採用の面接の基準として、このような明確な答えをできる人であれば、当社としては採用したいという人です。

逆に、明確な答えができない人や、はっきりとしたビジョンを語れない人は、採用を見送ることになります。

予測不可能な質問をすることもある

また、時々、変化球的な質問をする場合もあります。

このような質問に対しては、どのような回答を求めるかという明確な正解はありません。

しかし、即座に予測不可能な質問に対して、判断できるアクションを起こせるといったところを見ています。

採用後即戦力を求めている

30代、40代になれば、それなりのキャリアを積んで、適切な判断ができる人材を我々は求めています。

従って、曖昧な対応しかできないタイプの人にとっては、非常に辛い結果になります。

中途採用を判断する立場として、新入社員のように教育をしながら育てていくという考えはありません。採用後、即戦力としての採用です。

このようなことから、面接では柔軟な発想や対応の中にも、確固たるポリシーを持っている人こそが中途でも活躍できる人と考えています。