私は以前、人事採用業務に就いており、その中で30代40代を対象とした中途採用業務を行ったことがあります。

会社の業種は精密機械のメーカーです。

精密機械の経験

30代、40代で実際に採用した理由は、所属予定部門のニーズと応募者の持っているスキルが一致していたことです。

中途採用の実施理由は会社によりさまざまですが、その会社では必ず何名か採ることが目的ではなく、通年採用で求人情報を掲載しておき、良い人がいれば採るというようなスタンスでした。

応募者の書類を見て、経験職種が配属予定分の職種と似ているような場合にのみ、面接を実施していました。

実際に同じメーカーでも、自動車関係や部品関係のメーカーに勤めていた人の応募もありましたが、同じような精密機械の経験がない人は書類審査で落としていました。

ブランクができた時の対処法

ブランクがある人には、必ず「離職期間が長いようですが、どうしてですか?」と質問します。

ブランクがあるから不採用にするわけではありません。ここでどう答えるかが非常に重要だと思います。

転職活動が長引いてブランクができた場合の対処法としては、「たくさん受けたけれどなかなか内定を取れなかった」とありのままを話すだけでは、あまり印象は良くないので避けた方が良いです。

「他の会社も落とすような人をぜひうちで採用したい」と、考える会社はあまりないからです。

実際に多くの会社を受けてブランクができた場合でも、「多くの会社を受ける中で自分の本当の志望の会社を見極めることに繋がり、御社にたどり着いた」というような、志望動機の強化に繋がるような名目にすると良い印象を与えることもできます。

更に会社を受けながらも、何らかのスキル習得に繋がるような勉強や経験を積んだということをアピールできると、向上心があると伝えることができます。

面接官に好印象を与えること

長引いてしまった転職期間の中でも、何らかのプラス要素を得たという流れの話ができれば、ブランクの間を無駄に過ごしてきていないことが伝わって良いでしょう。

ブランクがあることで卑屈にならずに、自分に自信を持って堂々と面接に臨むようにできると、面接官にも好印象を与えることができますね。

ブランクの有り無しだけで採用結果が決まるとは、考えないようすると良いのではないでしょうか。

逆にここをうまく乗り切れるような人材は、ぜひ採用したいと思います。