30代や40代の中途採用を行うと、応募者のレベルの個人差がとても大きいことに驚かされます。

30代以上の中途採用では、「これまでの職務経歴」と、「入社してからどのように活躍できるか」という展望の2つの要素が判断材料となります。

中途採用でも書類選考を行う場合、履歴書とは別に、簡単な職務経歴書の提出を応募者に求める場合がよくあります。

職務経歴書を見て質問する

中途採用の面接の場で担当者は、この職務経歴書を参考にしながら、「応募者が今までどのような仕事をし、どのような役割を果たしてきたのか」を必ず質問します。

よくあるのが、自分の属しているチームの実績の説明だけに終始してしまうケースです。

具体的な売上高や集客数については詳しく説明できるものの、応募者自身が「どのように貢献をしたのか」ということが抜けてしまうので、担当者は応募者のパーソナリティを把握するのが難しくなります。

職務経歴書について質問されたときには、「自分がリーダーとしてチームのメンバーをひっぱった」、「上司の補佐役として庶務をこなした」、「ルールどおりに進める中で、自分のアイデアを追加した」など、自分の果たした役割や、得意としていることを率直かつ具体的に説明することで、今までの社会人人生や仕事の価値観を、短い時間の中で的確に伝えることができるようになります。

入社後にどうしたいか?

入社後の展望については、「どのような仕事をしたいか」、「これまでの経験をどのように活かせるか」という質問も必ずします。

希望の仕事内容については、「絶対にこれがいい」という人は、入社後にミスマッチを起こしやすい傾向があるので、「営業企画に一番興味があるが、総務も経験があるので貢献できそう」など、柔軟な姿勢を持っている人の方が、採用をする上では安心感があります。

「今まで自分がやってきたことを中途採用後もそのまま続けたい」という考えの人もいますが、職種は同じでも会社によってやり方が大きく違うこともあるので言い方には注意が必要です。

「いち早く新しい仕事の進め方に慣れた上で、周囲の人と相談をしながら、前職のノウハウも取り入れていきたい」という回答であれば、周囲にすぐに馴染んで活躍してくれそうな期待感を持たせることができます。