不安定な世の中です。30代、40代でも生活が安定していない人は少なくありません。

私は1年間、中途採用の担当チームで仕事をしていました。

30代と40代では採用基準が違う

採用基準は面接担当者によって大きく違いますが、厳密に言うと30代と40代では採用基準が違います。

中には年齢を特に考慮しない面接官もいますが、多くのひとの基準が30歳と40歳であることは間違いありません。

さて、その採用基準ですが、30代40代ともに、今までの人生経験を高く評価するところから始まります。

彼らの中には様々な職種の最前線で活躍してきたひとが多くその経験は貴重なものです。その能力を手に入れる価値を見いだそうと面接を行います。

面接においても、彼らのような社会人経験豊富な年代は、基本的な挨拶や身だしなみなどは、やはり新卒採用者に比べてしっかりと理解して面接に臨んでいる方がほとんどです。

面接の最大のポイント

そして、面接時の最大のポイントは「プライド」です。良い意味でのプライドを持っている方と不要なプライドを持っている方がいます。

時にこのプライドは新しい仕事を覚えていただく上で邪魔になりやすく前職で高い役職ついていて、その期間が長い人に多く、また年齢別で見ればやはり年齢があがるにつれてその傾向は強くなります。

ひどい場合には非常に大きい態度で面接にやってきて、タメ口で話し出す40代の方もいらっしゃいます。

私の場合は出来るだけ多くの人を面接するように言われていたので、ある程度は面接を行うのですが、そういった方がこられた場合は面接を数分で終了します。第一印象で判断できてしまいます。

社会人経験のない専業主婦は

あとは社会人経験のない専業主婦などは採用が難しいと感じます。

新卒採用の場合は、ある程度教育で吸収させることが可能ですが、社会人経験のない方はその年齢になると現在の会社の仕組みなどを理解していないひとが多いです。

一例を挙げると、電子式タイムカードが理解できないなど、一つ一つ業務を教えることに時間のロスが生じます。

30代と40代で転職を希望する場合、我々採用担当側もそれなりの情報や経験に期待を持って採用をさせていただいておりますので、お互いの真摯な態度が良好な採用を生み出すものだと感じます。