建設会社の中途採用の担当をしていました。

建設業界は人材不足

今、この業界は人材不足が深刻になり、とくに若手の新入社員の確保に頭を悩まされているのが現状です。

若手の社員確保にも力を入れていますが、30歳代や40歳代の中堅と呼ばれる人材の確保にも積極的です。

若手社員の育成は、同時に中堅社員の育成も行わなければなりません。つまり、30、40歳代の中途採用を希望されている人材に求めることは、若手社員を引っ張っていくことができるリーダーシップなのです。

しかし、こういった年齢の方に見られる傾向としては、もう建設会社への転職はしたくないといった考えを一度は持ってしまったことです。

若手社員の育成の前に

前職でこの業界の大変さを痛感して、違う業種への転職を希望したが、やはり自分にできるのは建設業しかないといった考えの人が多く、転職活動も長引いてしまいかなりのブランクがある希望者が多いのが特徴です。

そういった方が転職活動で来られた場合には、まず若手の指導に徹底してもらう前に数年間は現場で活躍してもらい、そのブランクを埋めてもらうようにしています。

自分自身がしっかりしていなければ、若手社員への育成などできません。

つまり、そういった流れで了解をもらえる人材を積極的に採用するようにしています。反対に、こういった方針に疑問を持たれる方や、異議がある方は残念ですが不採用としています。

30代40代に期待すること

また、30、40歳代に期待することはやはりやる気です。まだまだこれから成長できる伸びしろがたくさん残っていますので、面接試験などでもこのやる気をしっかり確認するようにしています。

遠まわしな質問ではなく、単純にやる気があるのかという質問を投げかけた場合、自然とやる気がある人材は表情に現れるものです。

これからまだまだ勉強をしたいといった考えや、若い社員に自分の経験や能力、知識を与えていきたいと考えている人材は、目に力を感じその表情で全てがわかります。

そういった人材については、迷うことなく採用をしています。