製造業で、主に事務職での採用担当を務めておりました。

採用の最低基準は

また、工場作業員においても、突発的な事で担当者が不在となってしまった際の代わりに、対応をした事もあります。

私自身の所属部署が事務職で、中でも大きく作業を分けると、経理総務関係と営業事務及び生産事務があります。

採用するに当たっては前者は経験者優遇、後者はパソコンがある程度使えれば良いという最低基準を設けておりました。

どちらも募集に当たっては、中途採用での募集だった為に年齢幅も広くありましたが、特に多く応募されてきた年代と言うと、30代もしくは40代といった所でした。

採用の流れ

採用の流れとしては、作業員の場合は、恥ずかしながら人の入れ替わりが激しい為、応募があった場合は即面接となり、私が担当をした場合は、面接内容を工場長へ報告し後は決めて貰う感じでした。

ですが、力仕事が多い部署の為、採用に繋がる年齢は20代、30代が多く、それ以上の年齢については、こちらの採用よりも相手からの取り下げの方が比較的に多くありました。

それに対して、私が担当する部署においては顧客様と話す機会も多くある為、若い年齢よりはある程度経験と実力を付けた年齢の方が活躍できる場所だった為、年齢は30~40代を対象に絞っていました。

職務経歴書を読みスキルや経験が最低基準を満たしていれば、後は面接をするかどうかですが、そこの段階で経歴書の文章が丁寧であったりレイアウトがパッと見やすければ即決で面接でした。

面接で不採用になる人たちの特徴

面接は事務所内の一室で、応募者と私とのマンツーマンでの面接です。

世間話の中に会社紹介を混ぜながら、よくある面接の質問事項をはさむ形を取るようにしてました。

そして極力、素の相手を視る事に専念する為に、相手に自分がとにかく興味を持っている雰囲気を出す為、どちらかと言うと下からの目線での面接対応でした。

この中で残念ながら不採用にさせて頂いた方々は、雰囲気から採用と勘違いをしてしまい、社会人の言葉使いが早くも取れてしまったり姿勢に出てしまったりと、友達と誤解してしまうケースです。

顧客様を相手にする事はもちろん、私自身が入社前からそこまで仲良くするつもりが無いので不採用にしました。

そのような訳で、楽しく会話も出来つつ社会人としての教養がしっかりと身に付いた事務のエキスパートが、気が付けばそろいました。