私が担当していたのは専門職ではなく、営業事務、総務業務を業務に含む総合事務の採用でしたので、特に専門知識はなくとも入社時には困りません。

30代や40代が欲しい

それでも30代40代のかたが欲しい理由は、基本的な業務を効率よく、適切に処理できる能力を持っているかたが欲しいからです。

しかし30代、40代で転職活動をしているかたは、仕事への姿勢が中途半端な方が多くいます。

20代の転職希望者にあるような、真剣さが足りないことが多いのです。それは履歴書や面接時の話し方、服装などにも表れます。

履歴書がきちんと埋まっていない、修正液を多用している、髪がきちんと整っていなかったりネクタイが曲がっている、話している内容のピントが少しずれているなどはザラです。

基本的なことを重視していないことが伺え、また、なかなか就職先が決まらずに採用面接を繰り返していて、変に慣れてしまっている様子も透けて見えてしまいます。こういう方の採用は厳しいです。

では逆に採用しやすい人はどういう人かというと、これら基本的なことが整っていることに加え、仕事上の長所を明快にアピールできること、辞めた会社や業務内容をポジティブに捉えている人です。

面接時にはアピールしてほしいこと

30代40代にもなれば、得意な業務があって当然ですしそれをこちらも期待しています。

どういった業務をどのようにこなしてきたのかは、面接時に最もアピールすべきポイントです。できます、というだけでは本当か嘘かわかりません。

職務歴を具体的に、そして簡潔に説明できる人はポイントが高いです。今後の業務においても効率よく仕事を進められる可能性が高いからです。

また、辞めた会社や携わっていた業務について大なり小なり不満げに語る人や全く語らない人は多いのですが、これはマイナスです。

特に辞めた会社の不満を採用されたい会社の面接で話す理由は全く理解できません。

全く話さないのも、特に話せるような仕事をしていなかったんだな、と思われてしまいます。

あまりほめ過ぎても、ではなぜ退職したのか?と疑問を持たれますので、人を納得させるような退職理由を説明し、そこで自分が身につけたスキルを最大限アピールするのが正解だと思います。