少数精鋭で、事業を行っている会社の、内勤営業を採用するのに携わっていました。

若さより即戦力が欲しい

まだ設立間もなかったため、新卒者の採用はほぼありませんでした。

理由は簡単で、即戦力が欲しいからでした。

新卒者のリフレッシュさは、自分が年を重ねると、若さは素晴らしいなと思います。

ですが、当然社会人経験がありませんので、電話の掛け方受け方、メールの仕方、社会人とはなどなど、マナーやビジネスの基本も、業務とは別に教えていき、育てなくてはいけません。

なので、そういう社会人としての基礎を持たれている方を採用していました。

即戦力の方とは、すぐに会社に貢献できる人、またはその可能性のある人です。

隣の芝生は青く見える

まずは、応募者方々から頂く履歴書に目を通します。

職歴もチェックしていましたが、一番はやる気と社会人になってからも自己啓発を怠っていない人を重視していました。

やる気と言うのは、履歴書送付の段階で既に始まっています。

送付しますと言っておきながら、一週間以上過ぎて送ってくる方、また、応募しながらメールや電話の折り返しが二日も三日も無い方も、面接前から良い印象ではなくなり不採用の可能性が高くなります。

職を転々と変えられている方も同様です。

確かに、このご時世ですから採用後会社の景気が良くなくて解雇もしくは自主退職される方もいらっしゃいますが、転職癖が付いていられる方も多くいらっしゃいます。

隣の芝生は青く見えるのでしょう。

採用してもすぐに辞めるのでは、という懸念もありますので、双方ともいい結果とは言えないので、しかるべき理由がなく職を転々とされている方は、不採用としていました。

ブランクがある人は

また、前職を辞められてブランクがかなりある方の採用も迷いました。

会社自体に慣れるのに時間が掛かる上に、仕事から遠ざかっているとタブルで時間が掛かりますし、決して転職活動に前向きとはとらえ難いからです。

入社して頂いたからには一緒に長く勤めて頂きたく、予め仕事の内容をしっかり把握して頂き、仕事、会社のマイナス部分もすべてオープンにしていました。

その結果、この会社で働きたい!頑張りたい!と思って頂いた方を採用するようにしていました。

事前に業務の一部を実際に体験して頂き、相違がないかも確認し採用するようにしていました。