私は現在30代の男性なのですが、以前勤めていた会社で人事を担当しており、中途採用の部門で働いておりました。

採用での大きなポイント

中途ですのでやはり採用希望者の年齢も30代・40代と、当時の私よりも上の年齢となるケースが多く、少々やりづらい状況での仕事となっていました。

先輩社員と一緒に、郵送されてくる履歴書の段階から面接、採用不採用の決定までほぼ全ての段階に関わっていました。

会社の主要事業となっていたのはシステム開発・WEB制作などのIT関連部門で、またその部門の案件受注数アップのための営業部門も重要な事業部となっていました。

ですので募集段階では技術職・営業職の両方を募集するのですが、30代・40代の方の採用で大きなポイントとなっていたのは、やはりシステム開発における技術レベルがどの程度であるかという事でした。

システム開発では様々な言語の習得が必須となっていますので、希望者の職歴を精査してまず技術レベルを計ることから始まります。

なおかつ面接では、高度な知識を持っていないと答えられないような質問などをさせて頂き、会社の技術部門で戦力となるかを見極めていました。

中には十分な職歴があっても、転職活動が長引いた事などによってブランクが出来てしまっている方もいたのですが、採用即実務というわけではなく、研修を受けてもらっていました。

技術職の方はブランクがあっても根底の知識や実務経験があれば、すぐに実力を取り戻して活躍するケースが多かったので、極端に長いブランクで無ければ採用に影響を及ぼす事はありませんでした。

職歴からの判断が難しい職種

30代・40代の方の採用でより厳しかったのは営業職の方でした。

営業というと、職歴からの判断がとても難しいです。

例えば前職で会社への貢献度の高い売上を上げていたとしても、それが本人の実力なのか扱っていた商品・サービスが強いからなのか、あるいは周りの方のサポートが優秀なものだったからなのかを正確に計る事が出来ません。

よほどの輝かしい職歴をお持ちの方などでないと、採用に至るケースはありませんでした。

営業職の中途採用では、やはりまだ伸びしろの多い20代の方が中心となっていました。

というように、技術職は経験豊富な30代以上の方・営業職は20代の方と採用の対象となる方が割とハッキリ別れており、恐らくシステム開発事業などを行っている会社では同じような状況となっているのではないでしょうか。

もしも今後転職をお考えの方がいましたら、1つの参考にして頂ければ幸いです。