転職を希望する方で年齢が30~40代ともなりますと、求められるのは即戦力かどうか、ほぼどの企業も採用時の目的は同じ意向だと思います。

担当者が気をつけないといけないこと

稀にまったくの初業界チャレンジとも言える勇気ある中年世代もいますが、確率にすればごく僅かで、おおよそ前職のキャリアを存分に活かせる業界への転職を図る方で、占められるかと思います。

多かれ少なかれ、場数を踏んだ分だけはキャリアが浅い人達よりも優れている場合が多いのですが、それを管轄する担当者が気をつけなければならないことが、いくつかあるように感じます。

規模が大きければそれなりの肩書きがある管理職、もしくは小さい会社の場合ならもしかしたらオーナー自ら指揮を執っているかもしれません。

これまで何度となく目の当たりにしたのは、転職してきた社員とそれまでの生え抜きや若手社員との実力差が、あまりにも開いているケースです。

元からいる社員たち

経営サイドからすれば、当然ながら弱い部分の強化を図るための採用であったりしますから、新しく転職してきた社員に期待するのはわかります。

ですが、それまでのスタッフの仕事を取り上げてまで任せてしまう強引な上司がたまにいるのです。

やらせてみて、難なくこなせてしまうのがかえって裏目に出るのはそういった時です。

上司からすれば補強が成功したと喜ぶところなのですが、序々に仕事を任されると思ってやる気になっていた元からの社員達が、一気にシラケてしまったりすることもあるのです。

これは採用する私達からしても、かなり神経を使うところです。

なので何とか上手くコミュニケーションを図ろうとするのですが、何の打ち合わせなく勝手な指示がなされていることがあります。

後々ほとんどの社員が知らされていないところで、仕事が進んでいたりすることがあるのです。

これは組織として人間関係の歪みが生まれる悪いパターンですね。

若手とギクシャクする転職者

つい最近も研修期間を経てめでたく正式な社員として、と思った矢先に何かと理由を付けて結局不採用になってしまうケースがありました。

理由は口にしませんでしたが、おそらく期間中に若手との間がギクシャクしてきたのですね。

こちらからは採用したい意志を伝えましたが物別れに終わりました。

これは双方の落ち度ではなく、上司の軽率さが招いた失敗例ですが、やはり誰にでもやりがいを与えるような環境や、ほんの少しの配慮を怠ってはいけないのですね。