中途採用の目的のほとんどは実績から来る能力の高さへの期待、すなわち即戦力として見込んでのものだと思います。

しかし業種によっては、それがかえって慢心を生むことになったりする場合もあり、あまり歓迎できないケースですと前職場でのキャリアが言葉ほどアテにならずに終わることも多々あります。

中途採用に対する期待は高い

それだけ中途採用に対する期待が大きいのと同時に、対象になる応募者が力量不足であり、だからこその転職、という可能性も高いとも言えるようです。

アパレル企業にいた当時に担当した人事では、基本的に話し込んで、こちらがどれだけ見極められるかが勝負と思ってやっていました。

求めるのはスキルではなく、初心に帰れるかどうかの内面的な部分、もちろん年齢に比例したスキルはあってほしいですが、それまでの職場でどれだけ教育されているかなどは全く未知数だったりします。

そしてせっかく良い素材であっても、きっかけを掴めないまま年数を過ごしてしまう人だっているわけです。

本人がやる気を見せてくれて、継続して学ぶ姿勢があるのであれば、1年ぐらいはそんな時間に費やしても元が取れると考えていました。

自分自身が不器用で遠回りしながらいろんな勉強をしてきたタイプだけに、器用過ぎて飽きっぽい人はあまり信用できないし、話してると何となくそれがわかるのです。

弁がたつタイプはまず警戒してみますし、不採用にしたことが多いです。

私はこういう人を採用したい

私が採用したい、もしくは採用して成長していってほしいと願うのは口下手でも信念を感じるタイプです。

それは営業職でも相手に伝わる何か良いものを持っていたりしますので、潜在能力があるかどうかを基準に将来を期待することが多かったですね。

30代~40代というのはよく言えばある程度世の中を知っています。

悪く言えば知ったつもりでいます。

このどちらに属するかが重要で、また自分でどちらかを認識しているかも大事。大人ですから自己採点が甘いタイプは先々の期待値が下がってしまいます。

採用する側はそれをしっかり見抜ける能力が無ければいけませんし、それができる企業はいい人材に恵まれるように思います。