昭和の時代のような、企業の終身雇用の形はもはや完全に崩れ去ったと言っても過言ではありません。

転職して当たり前の時代

会社は家族などと言われることもほとんどなくなりました。

そのため、現在の働き世代の方々で転職を経験していない人は、かなり少ないのではないでしょうか。

つまり現在は転職して当たり前の時代なのです。

私はスーパーマーケットで、店の責任ある立場で働いていたため、自分の部門の従業員の採用担当をしていました。

この時は、30代、40代の中途採用に限定していました。20代であると、フットワークがまだ軽いため、せっかく育ててもすぐにまた別の会社へ転職してしまう恐れがあるからです。

不採用にした理由

採用担当となった私にとって初めての応募者は残念ながら、不採用にしました。

なぜかというと過剰なほどにおしゃべりであったからです。

面接を開始した直後は、すごく明るくてはきはきした喋り方をするため、すごい好印象だと感じました。

けれども、私に話をさせないほどに自分ばかりで、どんどん話をしようとします。しかもいつの間にか、仕事と関係のない趣味の話までしていました。

周りへの配慮ができない疑いがあったため、一緒に働くと場を乱してしまうのではないかという恐れを感じて、不採用とする決定をしました。

その方は30代であったため、社会人経験は10年はあるはずです。

普通はそれだけ社会人をやっていれば、もっと空気が読めるはずなのになあと思いました。

40代の人を採用した理由

次に来た40代の応募者は採用しました。その理由は2つあります。

まず面接をしていて、非常に真面目の印象が強い上に、私たち採用者への配慮もできていて、とても人間力に優れていると感じられたからです。

また長年のこの業界の経験者でした。そのため一から教える手間を省けそうでした。

色々な方の採用担当をしてきましたが、転職活動が長引いてしまったことが原因のブランクに対しては、面接のテクニックによってカバーするべきだと思います。

御社のような、素晴らしい会社でないと仕事をしたくない、という強い気持ちがあったということをアピールできれば、決してマイナスにはならないはずです。