キャリア採用、つまり転職者の採用に関してはある意味、新入社員の採用よりも難しいかもしれません。

即戦力が大前提

何しろ、30代、40代の採用となると即戦力が大前提になります。

新入社員のように、数年かけて会社としての投資回収をするという考え方は、少なくともわが社にはありません。

そんな中での、転職者の採用のポイントです。

私は製造業として技術者や営業マンの採用に携わっています。

営業の採用基準

まず、営業です。

この職種の場合、どうしても転職の回数が目に付く希望者が多いのです。

ここで見極めなければいけないのが、いくら優秀でも組織になじめないタイプだから転職の回数が多いのか、それとも単に企業とのミスマッチかというところです。

当社に面談に来るような人材であれば、それなりにスキルもありますので、ポイントはどちらかというと前述の部分になります。

能力が同等であると判断した場合は組織への順応性を優先して考えることにしています。

技術者の採用基準

次に技術者です。

30代、40代となると、技術者の場合はそれなりのマネジメント能力を求めることになります。

20代前半であれば、能力もさることながら、新規での開発に携わったことがあるかどうかを見ます。

しかし、30代、40代となると前述のポイントだけではなく、開発部隊をどう率いてマネジメントできるか、そのマネジメント能力を問うことになります。

さらに他社とのライセンス、業界動向の把握なども開発者としての観点から、大きく見ることが出来るかどうかもポイントになります。

営業の採用基準

製造業なので、どうしても中途採用とはいえ、営業センスまたは経営センスのある開発者が欲しいと思っていました。

数年後の幹部登用へもつながる可能性がある人材を見つけられたら最高だ、という思いをもって採用活動を行っていく次第です。

営業系、開発系を通して言えることはとにかく能力だけではなく、組織へ順応して動くことができる人材かどうかを30代、40代では大きく問うことにしています。