数年前まで勤めていたパチンコチェーンで採用担当をしていました。

マネジメントスキルをもった30代、40代

パチンコチェーンでは、アルバイトからの内部昇格による社員登用も少なくはないのですが、幹部候補として、マネジメントスキルをもった30代、40代をターゲットに採用活動を行うことも少なくはありません。

応募者の傾向として、基本的には同業他社からの応募が多かったのですが、異業種からの応募も少なからずありました。

同業他社の店舗管理業務経験者は、即戦力として期待できると思われるかもしれませんが、退職理由が「人間関係」であれば採用には至りにくいものです。

パチンコホールの店舗管理者として必要なマネジメントスキルは、社員だけでなく若い世代のアルバイトや年配のパートまで幅広い世代、なおかつ大人数をマネジメント出来なければ務まりません。

なので、30~40代で人間関係につまづいて退職された方に、お店の舵取りを任せるのは難しいだろうという判断になります。

作業員はいらない

同業他社からの応募の方で採用に至るケースとしては、チェーンの規模縮小等で異動を余儀なくされた場合等になってきます。

いくら店舗管理者といえども、パチンコホールにおいては権限を限定されているケースも多々ありますので、規模縮小の要因を応募者の能力の問題とするのは少々乱暴です。

しかし、こういった逆境を経験された方は上手くはまれば、粘り強く店舗運営をしていただけるという見方も出来ると言う事です。

異業種からの30~40代の方の応募は、やはりマネジメント経験を重視します。

業界未経験である事は、考えようによっては新たな発想で店舗運営をして頂けるという期待感もありますが、業界未経験でなおかつマネジメント経験も無しとなると、書類選考の段階で不採用となり得ます。

もちろん、人物評価や熱意等も無視できませんが、30~40代の「作業員」は求めていません。

若い世代が中心の社員・アルバイトスタッフを上手く束ね、導いていくことを求めます。

なので、同じ未経験者を育成するのであれば、20代から長い目で育成していくという判断になりますね。

頼りになる仲間が欲しい

30~40代で転職活動をされる方の中には、不採用続き等で活動が長引かれて焦りが前面に出すぎてしまう方も見受けられます。

そういった場合には、是非ハローワークや転職エージェント等に心の内を打ち明け、冷静さを取り戻してから転職活動を再開することをお勧めしたいと思います。

我々採用担当者は、転職活動者のカウンセリングを行うことはありませんので、応募者に不必要な感情が見えてしまうと、基本的にその段階で選考を打ち切ります。

気持ちは分からないではありませんが、気持ちを落ち着けて自信を少しでも取り戻してから、面接に臨んでいただけると幸いです。

我々も頼りになる仲間を採用したいのです。

すがりつくような、情に訴えかけるような姿勢では頼ることもできません。

年齢を重ねることは決して悪い事ではありませんから、自分のやってきた事やセールスポイントを、堂々と主張なさって頂きたいです。

中途採用はあなたの職場経験や人生経験が問われます。