わたしがキャリア採用を担当してから、5年ほどがたちます。

必要なタイミングで採用

毎年定期的な採用を行っているわけではありません。必要なタイミングに人員配置を行うための即戦力採用です。

そうなると、必然的に年齢層も30代、40代ということになります。

業界が別の人材であっても、過去のキャリアと組織での活動がうまくできるコミュニケーション能力を何よりも重視します。

そして、採用するからには長く勤めてもらいたいと考えていますし、将来的な幹部候補生の採用を考えています。

こうした観点から考えると、この働き盛りの年齢という30代、40代でなぜ転職したのかというポイントと、志望動機が非常に重要になります。

長く貢献してくれるか

新卒の採用活動ではないので、あまりにもチープな話をする人材はいませんが、どれだけ真実か、そしてその転職の繰り返しを自社で採用後もしてしまう可能性がないか、しっかり見極めることにしています。

過去のキャリアやコミュニケーション能力を見極めるまでは、通常の新卒採用と大きく変わることはありません。

ですが、前述のように自社でどれだけ長く貢献してくれるのか、見極めるところがキャリア採用の最も難しいところだと考えています。

定期的に何人も面談をしていますが、なんとなく傾向のようなものは見えてきます。

転職を繰り返す人

まずは、転職を繰り返すような人材は、本当にキャリアアップを目指しているのか、組織に馴染めないのか両極端にわかれるというところです。

いくら実力があっても、組織に馴染めない人材は基本的には採用しないことにしています。

新卒のように、研修や教育に費用はかからない人材とはいえ、投資することには間違いありません。

自社に少しでも貢献してくれる人材、また腰を落ち着けてくれそうな人材を探し当てることは、能力とセットで考えると非常に難しいところです。

もちろん、面談も回数を重ねて本音を聞きだすことは難しいことでもあります。とはいえ、私もミッションとしてこれを捉えて、今後もキャリア採用を担当していきたいと考えています。