企業にとって人材はよく「人財」と比喩されるほど重要な要素です。

会社が人を採用する意味

一人ひとりの能力やスキルはもちろん、各部署の連携や目的意識の共有はとても大事です。

今回はそんな人材確保の1つの方法である中途採用、とくに30-40代の方を対象にした際の、私の体験談などを書いていこうと思います。

まず私が意識したのは、採用活動を行う人を集めての意識の共有化です。

会社が人を採用するのは何かしらの意味があります。

何の為の採用なのかをしっかりとチームが言えるように、目的をはっきりさせることが大事だと考えます。

会社に何をしてくれるか

次にこれから採用する人に何を求めるのかを、しっかりと人物像を出す。

30~40代という働き盛りで、様々なスキルを有している人だけなら巨万といます。

そんな中でわざわざ弊社を選んでくださった、というご縁だけで考えるのではなく、一歩踏み込んで、何を求めて何をしてくれるかをしっかりと考えました。

あと一番重要かもしれない事なのですが、その応募者が弊社のカルチャーや社風に適合するかどうかを見極めなくてはなりません。

とても素晴らしいスキルや能力を持っていようと、その力が適正以上に発揮されなくては、よろしくはありません。

そうしたことが無いように、私を始めとするチームが、自社の社風をきちんと認識して理解しなくてはなりません。

当然経営理念や行動方針なども踏まえての社風です。

前職に問題?

30~40代ともなるとそれぞれの方が、色々な思惑や考えを持つようになります。

実際自分もそうでした。

給料が良いだけではなく、働きやすさもかなりのウエイトを占めるようになります。

若い頃は気力と体力でそれらを補えるでしょうが、多くの人にとってそれは年齢と共に厳しくなっていくでしょう。

また中途採用にくると言うことは、なにかしら前職で問題があって今に至ると言うわけです。

それ自体を悪く言うことは当然出来ないし、人それぞれの理由があると思います。

それでも弊社の社風などに適合するかを見極めなくてはいけないので、前の職場の環境や雰囲気などを聞き、それについてどのように感じていたかなどをしっかりと聞いて判断しなければいけません。

以上のようなことを判断基準の柱として、私は中途採用の担当官をしていました。