ある企業で人事を担当していましたが、20代の人間と、30代、40代の人間を採用する場合、その採用基準はまったく違っていました。

20代と比べると

20代の求職者に比べると、30代、40代の求職者の採用基準はかなり厳しかったのは事実です。

例えば、20代の求職者と面接した場合、二人に一人は採用していました。

これが30代前半となると、3~4人に一人ぐらいの採用率でした。

それが30代後半以降になると、10人に1人ぐらいしか採用していませんでした。

これは年齢が高い人間は取る気が無いというわけではなくて、採用基準が違うので、そこに達する人材がいなかったということです。

30代40代に求めるもの

30代、40代と言えば、企業にとっては働き盛りの年代です。

バリバリと即戦力で働いてくれるのであれば、採用する気は十分にあるのです。

ただ、30代後半から、40代の人間に求めるのは一兵卒としての能力ではないのです。

ある程度、若い人間を管理できる人が求められるのです。

だから、この歳まで管理職経験が無いとか、マネジメントに関してやったことが無いという人は、いくら個人的な能力が高くても採用は難しくなります。

もし、そうした経験が無い人材を採用するとなると、20代の若手社員と同じ給与水準での採用となります。

しかし、このアラフォー世代ぐらいの年代は子どもの教育費や住宅ローンなど、かなりの出費が必要とされるので、実際は安い給料では働けないのです。

そういうことで、個人的な一兵卒としての能力を買って採用しようとしても、給料面で折り合わなかったりするのです。

ただの中年では・・・

ですが、実際のところ求人に応募してくる人は、個人的な能力もないし、マネジメント能力もないという、ただの中年という方がほとんどです。

ですから、わずか一割ほどの採用率になってしまうわけです。

30代、40代で転職する場合は、マネジメント経験が求められると思ったほうが良いでしょう。

もし、それが無いなら、若手新入社員並みの給料しか提示されないと覚悟したほうが良いと思います。