以前勤めていた会社で欠員補充のために何度か人員を募集、採用の作業に携わりました。

即戦力になるか

私自身、30代後半でその職種の経験なしで、その仕事に就いたにもかかわらず、自らが採用する立場になると、職務経験がないのであれば、柔軟性があり、物覚えが早そうな若い年代の応募者を採用してしまいました。

30代、40代の応募者にはよっぽどのことがない限り、職務経験の有無が採用、不採用の決め手となりました。

これはその職種が一般的な事務ではなく、少し専門的で特殊な事務だったからだと思います。

そして自分が仕事を教える立場であったので、自分にできるだけ負担がかからないような人材を自然と求めたのだと思います。

自分の経験も踏まえての話ですが、やはり人間は年齢を重ねると考え方が凝り固まったり、記憶力が落ちてきてしまい、若い人と比べると新しい仕事を習得するのにかなり時間と労力が必要となってきます。

一日でも早く仕事を覚えて一人前になってもらわらないと私自身の負担が減らないので、どれだけ早く仕事を覚えてもらえそうかというのが最優先のポイントでした。

なので、柔軟性、記憶力が低下してきている30代、40代の応募者にはすでに仕事の知識や実務経験を持っていることを必要条件として期待してしまいます。

いわゆる即戦力として使えるかどうかです。

30代40代にはアピールが必要

30代、40代の方が転職をされる場合は、やはり、それまで携わった業務で培った知識や経験を活用できる職種、業種を選ばれることがご自身にとっても採用する側にとっても最良の成果をもたらすと思います。

それでも未経験の職種にチャレンジされたいということであれば、その未経験の仕事を採用者が期待している速さで習得できることを納得させるしかないでしょう。

それにはその職種についてどれだけ素養があるのか、やる気があるのか、なにがどう若い世代の応募者と比べても劣らないのかということを具体的に示すことが必要だと思います。

前職からのブランクがあいてしまった30代、40代の転職希望者の方は、やはり自分の強みである、これまでの仕事で培った知識、経験がもっとも活用できる業種に絞ること。

自分が即戦力になれることを、謙虚かつ熱意を持って採用者にアピールするのが最善の方法だと私は思います。

即戦力の人材が採用する側にとって、最も魅力的な人材だと私は私自身の経験から確信しています。