20代後半の時に、平均年齢28歳のITベンチャー企業に勤めており、中途採用の担当をしていました。

30代40代の採用ポイント

平均年齢が若いこともあり第二新卒がメインでしたが、企業規模が大きくなるにつれ30代・40代の応募者が増えました。

30代・40代の応募者の採用時に重要視していたポイントは下記です。

1.若い社員とうまくコミュニケーションをとれるか

社員の大半は20代です。実力主義でしたので、新卒5年目で部長職になった社員もいます。

若い社員ともお互いを尊重し合い対等で適切なコミュニケーションをとれるか、一回り以上若い社員が上司になっても適用できるかは重要ポイントでした。

30代・40代で適切な人間関係を自発的に形成できない人は、スキルがあってもトラブルメーカーになることが多いです。

20代後半の私が面接対応しても、「こんな若い娘に応対されるなんて…」というような雰囲気があれば必ず不採用でした。

2.マネジメント能力があるか

大半の社員が新卒又は第二新卒ですので、管理職未経験又は自社でしか経験したことがない人ばかりでした。

(社長自身も学校卒業後すぐ起業したので、他社での管理職も経験はありません。)

前職で管理職の経験があり管理職の即戦力になれそうな人は、採用率が高かったです。

3.健康状況

SEなど一部の職種は毎日終電、家に帰れないという状況もよくありました。

筆記試験と面接をクリアした方は、会社負担の健康診断を受けていただき問題なければ採用というルールでした。

採用しても健康上の理由ですぐ退職されるのであれば、入社前の方の健康診断料金を負担する方がよいという考えでした。

ブランクなどのマイナスポイント

転職活動が長引きブランクができてしまっても、合理的な理由であれば採用でした。

前職を健康不良で退職し療養していた人は基本的に不採用でした。

また、昇格・降格が激しい会社のため、降格し給与が下がることはよくありました。

高給与を求めていて長引いている人も、給与が下がった瞬間退職する可能性があるとして不採用でした。