すごくシビアな話ですが、中途採用の採用人事担当者ともなると、現実的な判断、見方をせざるをえません。

新入社員のように、将来への期待を含めて、先行投資的な見解で人の採用可否を決めるわけにはいかないところが、中途採用で応募して来る人に対する見方です。

即戦力が大前提

中途採用で、会社に来てもらうということは、即戦力ということが、大前提です。

人材育成ということは、若い世代しかできないと考えています。

少しでも自社の業績を伸ばしたり、将来、事業を伸ばしたいと思うと、投資的に若い社員を徹底的に鍛えるから始まるという方法もあります。

しかし、中途採用で来てもらいたい人材はシビアに、見ることになってきます。

それが30代、40代でも求める人材になってくるのです。

30代、40代で求める人材

40代で求める人は、管理職という立場での経営感と事業感を求めています。

現場の重要性を認めながら、会社のあらゆる部門と調整を図れる人材が必要になってきます。

決して保守的でなく、積極姿勢で仕事を進めることができるどころか、同時に社内のスタッフともコンセンサスの共有か図れるバランス感覚の取れている人を採用しています。

30代の人を採用する条件としては、その道のプロフェッショナルな資質を持ち合わせていると共に、現場担当者としての感覚を持っている人を採用しています。

この年代は、現場の経験値をよく持っており、その目線で仕事の進め方を知っている年代です。

40代と異なり、まだ現場の戦力としての期待と将来の管理職候補としての見方で採用を決めています。

長期的に大きな戦力になっている30代40代

40代、30代でしか成し得ない仕事がたくさんある中で、事業感という大局感で物事を客観的に判断できる40代、現場の実務レベルを管理監督できる30代が、即戦力として欲しい人材なのです。

敢えて、もう一つ付け加えるならば、今後、入社してくる新入社員に対する顧客目線での人材育成ができる能力も重用視して、採用を考えていました。

結果的には、このような基準で採用した中途の方々は、長期的に見ても大きな戦力になっていることは間違いありません。