30代、40代の方と多く面接をしてきた経験から、採用される為にどのような事に気を付ければ良いかをお伝えいたします。

職種は営業職が多かったですが、事務職の方の採用も行った事がありますので、どちらに対しても当てはまる事象になります。

幅広い方へ参考にしていただきたいと思います。

まずは謙虚であること

私が一番見るべき部分は、謙虚さがあるかどうかです。特にこの年代になると、ある程度社会経験をしてきている訳ですから、自己アピールを出来る部分がはっきりしてくると思います。

当然、ご自身が経験した仕事の過去の実績や「これだけの事は必ず出来るぞ!」という自己アピールはとても大事な事なのですが、その中に必ず謙虚さが必要だと思います。

場合によっては年下の上司がいる部署で働く可能性もありますし、他の会社でいくら実績があろうとそれは全て過去の事です。会社は常に未来を見据えています。

新しい環境に柔軟に対応できる人なのかという部分で、謙虚さというのは大事な部分だと考えています。

前の仕事を退職した理由は出来るかぎり正直に言ってほしい

職種にもよりますが、会社は出来るかぎり長く働いてくれる仲間が必要です。短期間でコロコロと社員が入れ替わることほど経費の無駄になってしまいます。

一番気になるのはなぜ以前の仕事をやめたのかという事です。

給与面の問題だったのか、人間関係だったのか、はたまたご自身のミスで解雇されてしまったのか、家庭環境の都合で辞めざるを得なくなってしまったのか、などなど理由は人それぞれたくさんあると思います。

どんな理由であれ、正直に話してほしいというのが一番です。

その理由がわかれば、この人はうちの会社であれば、「前の退職と同じ理由で辞めることは無いな」、「同じ理由で辞めるだろうな」など大きな基準として参考になります。

それと、正直に話すことでご自身にとっても無駄な時間が省けるはずです。

一番まずいのは、やめた理由についてウソをつくことです。仮にご自身のミスで辞めることになったとしても正直に話してください。

採用担当者は必ず見抜くと思ってください。長く共に働く仲間を探すうえで、会社との信頼関係を作れる人たちとともに働きたいわけです。

あえて言いづらい事を話してくれた方が、よりよい信頼関係を築けると思いませんか。

30代・40代だからこそ欲しい

30代、40代だからこそ必要としている企業はたくさん存在します。是非自信を持ちつつ、「謙虚」で「正直」に臨んでみてください。

採用不採用は別にして、必ずよい結果をもたらすことになると思います。

新たなスタートに向けて少しでも参考にしていただければ幸いです。