私はスポーツ用品メーカーで人事を担当しています。

当社に限らず「業界の慣習?」でもあるのですが、プロパー社員の割合が高く、良くも悪くも昭和の良き時代の会社を引きずっている部分があるのは事実です。

入社した正社員がなかなか辞めることがないため、新たに中途社員を雇うことが少ないです。

即戦力の30代、40代が欲しい

以前から同業種での転職はある程度ありましたが、異業種からの転職はほとんどないのも特徴でした(どの会社も離職率が低いので転職者の募集もあまりないのが実情でした)

ただ昨今のグローバル化の波や、国内では少子高齢化が進んでいくことで、メーカーとしてのパイは残念ながら縮小の流れであることは間違いありません。

その中で生き残っていくために会社としても、血の入れ替えを早急に行い必要があるということで、社の方針として現場の即戦力になりうる30代、40代の中途社員の採用を強化することになっています。

幸いかな会社としてのネームバリューもある程度はあるため、採用の募集をかけると想定以上の人数が集まります。

その中から各部署のニーズにあった人物を採用していく流れになるのですが、一次面接を担当していて思うことは、事務スキルの低い人間が非常に多いということです。

提案書が作れない?

募集のメインは営業職になるため、前職場での仕事を取る方法や進め方などを重視して聞くのですが、提案書の作成を経験したことがない人間が多いのはとてもびっくりしました。

「営業先には日参して顔と名前を覚えてもらってとる」というスタイルが今の時代でも続いている会社は多いようです。

そのスタイル自体は否定しないのですが、デジタル化が進む今の時代では時間の効率ということも非常に重要視されます。

時代に合った営業スタイルを確立できているかはポイントです。

ただ、それは職場が変わることで対応できれば問題ないことではあります。

また、面接時に見るポイントとしてはやはりコミュニケーション能力になります。

プロパー社員が多い会社のため、ある程度は郷に入れば郷に倣えというスタンスをとることができ、その中で新しい風を巻き起せるインフルエンサー的な役割をはたすことができる人物を求めています。