物流業界で管理職をしています。平均年齢の高い職種ですので、30~40代の面接は日常茶飯事です。

自分は物流業界に入ったのが20代前半と早かったため、経験を積んで30代になったときにはサブマネージャーとして働いていました。

不在がちなマネージャーに代わり、面接も毎日のように行っていました。

今まで100人以上の面接をしてきましたが、その中で採用した人、不採用にした人のポイントを紹介いたします。

年齢だけで落とすことはあまりない

先述しましたが、平均年齢が高い職種ですので、年齢で落とすことはあまりありません

どちらかというと、30~40代の常識力と経験値を見ます。

そのため、人の目を見て、前職までの経歴が説明できて、こちらのテンプレ質問に対してきちんと受け答えができれば、まず採用です。

…当たり前じゃないか、と思う方もいるかと思いますが、物流業界というのはその当たり前ができない方も多数いらっしゃいます。

普通に受け答えができる30代、というだけでも即戦力として期待してしまいます。(笑)

私の不採用の基準

  • 面接にサングラス、ジーパンで来る40代
  • 名前を言ったと思うが、小さくて聞き取れない、名前以外は終始頷くだけ
  • 履歴書に不備が多い(写真がないとか…写真がカラーコピーとか…)

このような方たちは当然不採用です。

…いやいや、ふざけていませんよ?本当に来ました!

サングラス以外は数人来ました。

大手の物流業界だとまた違うのかもしれませんが、地方の中小物流にはこのような人たちが結構な確率で面接に来ます。

大手のように書類選考がないので、来てもらうまで相手の様子が分からないのが原因なんですが。

思い出すだけで頭が痛くなってきますが、逆にこのくらい非常識でなければほとんど採用します。

当社は離職率が高いため、(お恥ずかしながら)採用しても続くかどうかは別問題なので、とりあえず問題がなければ入れてみるように、とマネージャーには指示されていましたので。

ブランクが長い方は

転職活動のブランクが長い方は特に気にしません。

30~40代の転職が厳しいのはこちらも重々承知しているので、正直に言ってもらえば結構です。

逆に取り繕って、「資格取るために勉強していました」などの格好をつけようとする方は心証が悪いです。

資格欄が空白なので、何もしてなかったことはこちら側は分かっています

まとめると、常識のある30代40代でしたら、それだけでも好印象です。

転職だからと卑屈にならず、「新しい会社で頑張りたい」という前向きな姿勢と言動で堂々と面接に臨んでもらえれば良いと思います。

当然ですが、スーツで来てくださいね。(笑)