30代や40代の採用は、一般的な新卒での採用よりも慎重になる傾向にあります。

どのような理由でこの会社を選んだのか、またどのような理由で前職を退職しなければならなかったのかと言うことは、必ず確認しておくべき内容でしょう。

建設業界は人手不足だが

私は建設会社の建築現場管理業務の採用を担当していますが、この業種は今、人材不足に悩まされています。

新卒者だけではなく、中途採用者についても、人材不足が深刻な状況であることから、就職を希望する人がいれば、極力面接試験までは行ってもらうようにしています

しかし、誰でも採用すれば良いというわけではありません。

とくに30代や40代については、今までの経験や知識、必要な資格の取得など、多くのことを求めなければなりませんので、誰でも採用するということにはなりません。

ある40代を面接した時の事

先日の40代の就職希望者についても、先にこのようなことを伝えておいてから面接試験を行いました。

経験は、ただ現場で多くの仕事をこなしてきたというだけではいけません。

その経験を後輩などに伝える能力、またその能力を活かしてお客様に正しく伝えることができる能力までも求めている、ということをしっかり伝えたうえで面接試験を行います。

まともに面接ができない状態

面接を行ったその40代の方は、想像以上に緊張をしている様子で、まともに面接が行えるような状況ではありませんでした。

しかし、真面目な一面はとても感じることができました。

また、前職の失敗を活かして、この会社でしっかり仕事をしたいということがしっかり伝わってきました。

ほとんどの面接を担当した方は、採用は厳しいという判断をしましたが、私はできれば次の2次面接まで進めて欲しいという意志を伝え、なんとかその就職希望者を合格させることができました

30代、40代のハードルは高い

30代、40代の就職希望者は、ハードルは間違いなく高くなります。

人材不足であっても、会社が大きなリスクを負うことを考えれば、採用に慎重になることは当たり前です。

就職を希望する側も慎重に知識を高めておくことが大切です。