中途採用を希望している人は、基本的には新入社員よりもやる気を感じることがあります。

自分をアピールできる能力が備わっている30代や40代の実際の能力を見極めることはとても難しく、面接試験などではしっかり判断ができないことがほとんどだと言えるでしょう。

面接での説得力

私は建設会社の営業職の採用担当をしています。

先日担当をした40代の中途採用希望者も同じような状況でした。しっかり自分のキャリアなどをアピールしてこられたのですが、私としては心に響く物を感じることができませんでした。

基本的には転職を繰り返しているような人でも、本当にやる気を感じることができれば積極的に採用をしています。しかし、その人にはこういった魅力を感じることができませんでした。

調べてみると資格を一切所有しておらず、全ては経験だけで物事を判断しているということが分かりました。

資格を保有していないことには問題はないと考えますが、面接で話をしていることに説得力が感じられないのは資格を持っていないからだと強く感じました。

無理に自分自身をアピールする人によくある傾向で、前向きな考えは評価できますが、やはりその前向きさに無理があるように感じてしまいます。

残念ですが、その30代の中途採用希望者は不採用にさせていただきました。

即戦力が求められる年代

中途採用希望者に求めることは実はとてもたくさんあります。

新卒者はこれから育てていくというスタイルを取りますが、中途の場合は今まで得てきたスキルを求めるようになります。

そのスキルはただ仕事で優秀な成績を上げてきたということだけではなく、話し方についてもスキルを求めるのです。

中途採用希望者にとってはとても大変なことかも知れませんが、即戦力として中途採用をしていると言う側面も会社側にはありますので、まずは多くのジャンルのスキルを身につけておき、中途採用を希望するべきでしょう。

こうしたスキルを磨くにはとても時間がかかるかもしれませんが、今まで得てきた能力をそのままに活かすことが大切です。

転職などを考えている人は、まずは今の会社で身につけなければならないことをじっくり考えてみるべきです。