私の職種は、システムエンジエア(SE)です。

具体的には、有線・無線問わず通信機器系のネットワークシステムを開発・構築して顧客に収めることが仕事です。

顧客担当の営業と一緒に活動しながら、顧客とのコミュニケーションを図りながら、その顧客の課題を解決するシステム設計・開発・構築が主な仕事です。

SEは退職していく人が多い

SEという仕事は、時間的にかなり不規則が勤務時間になることが多く、現場について行けず、退職していく人間も少なくありませんでした。

したがって、この分野の職種は慢性的な人手不足の状態なのです。

私の場合、SEも責任者をしていることもあり、30代、40代のSE中途採用を担当していました。

人事所属ではありませんが、SEという職制上、どうしても中途採用において応募してくる人の適正を見極めなければなりません。

そのようなことから、採用でも人事部と連携しながら担当をしていました。

採用したのは2人

一昨年も30代、40代の採用を募集しました。その中で採用されたのは2人です。

SE職としては、40代の人はむしろ年代的には遅いほうなのですが、この人の場合はとても現場経験が豊富であったことや、営業的なセンスも抜群で前職の実績を確認すると当社でもすぐに入社して欲しい人材でした。

一方の30代の人は、キャリア的には普通のレベルだったのですが、面接の際にも仕事に対する姿勢が非常に前向きであることと、斬新な発想で動くことができそうなタイプでした。

そのようなことから、早速、当社に来てもらことにしたのです。

30代、40代を採用してよかった

結果的には、この中途採用は成功し貴重な人材を確保できたと思っています。

40代の人は、如何なくリーダーシップ発揮してもらい、社内外での評判もすこぶる高く人格的に優れた人です。

また、30代の人は、当初通り、私達が予想もしない発想でユニークなアイデアでシステム開発を進めてくれています。

また、明るく人懐っこい性格で周りの20代の若いSEの兄貴的な存在となり、中堅のリーダーとなりつつあります。

企業活動において、会社の財産は人材であることをあらためて認識させてくれた2人です。