数年前に、中途採用の担当をしていたのですが、以前と比べて中途採用の機会が比べようがない程、多くなっています。

30代、40代の即戦力が欲しい?

採用する立場から考えると当然なことで、環境変化の多い昨今では、即戦力となる人材を採用することが、業績アップにつながるからです。

当然、新入社員からの人材育成も長期的な観点から重要なのですが、短期的な戦力も重要になってきます。

よって、中途採用で対象となる年代は30歳代、40歳代の人が多くなります。

理由はそれなりの経験やノウハウを蓄積していることと、体力的に充実している年代だからということからです。

私の採用職種は電機メーカーの営業と技術者でした。そして、中途採用を担当している期間に20名弱の方々を採用しました。

無論、採用ならずという方もいらっしゃいました。

以前の会社を円満退社できているか

理由はそれぞれありましたが、不採用のなった方々の共通点としては、前の会社を円満退社できているかということです。

意外に感じるかもしれませんが、中途入社とはいえやはり新たな職場に来るわけです。

そうなると周りとの協調性が取れるということは、最低限の採用ポイントとなります。

前職場での経験やノウハウを活かせることは当然のこととして見ていましたので、それ以外の人間性なりを重点的に見ていったつもりです。

採用が決まり入社なされた方々は、おかげさまで即戦力として活躍頂いています。

採用して活躍した人たち

営業の方は、自分の顔と言える過去の人脈を活かしながら、新規ルートを開拓されていますし、技術者の方は今まで製品にあたらな技術を加えてブラッシュアップしています。

近々、新製品のプロジェクトメンバーの中核になる人も数人いらっしゃいます。

このような方々は、やはり周りの社員との連携も重視しつつ自己の経験やノウハウを最大限に活かされています。

何よりも嬉しいことは、「ここが自分の生き場所」という気概で仕事に望んで頂いていることです。

採用される重要なポイントには人間性という点もあるということです。