過去にも採用に関して責任ある立場にいたのですが、数年前に転職した会社でも最近になり、口を出すようになっています。

人の出入りが激しい業界

今回の業種は食品関係、とくに製菓に特化した職場ですが、私自身40代での転職組を経験したこともあり、いろいろと考えさせられる場面に遭遇します。

この業界の特徴は、とにかく人の出入りが激しいということ、朝早くからハードな作業も多いので、続かない人だとほんの数日で辞めていくことも珍しくありません。

特に、専門学校卒業したての若い者にとってはつらい毎日の始まり、一年経っても続いてる可能性は、半分にも満たないのが実情という世界でもあります。

そんな中頼りになると思われるのが、中途採用で入社してくる30代から40代の経験者、若い者たちにとって良い手本であり、時には叱咤激励してくれるいい先輩でもあるのです。

しかし話はそう簡単ではありませんね。

そういった、キャリアを積んだはずの期待の世代で組織の核になれて、リーダーシップを発揮してくれる人材に恵まれる可能性はとても低い、それが人事を担当した私の率直な感想ですね。

リーダーシップを発揮してくれない転職者たち

理由はいくつか思い当たるものがあります。

まず、この世界でアラフォー世代ともなると、才能ある者がまず考えるのは独立でしょう。

職場によっては、すでにトップの地位にいるかもしれませんし、資金を調達して出店したりするのが成功への道です。

シェフが実力派の店舗なら、スーシェフとして迎えられることはありますが、わざわざ求人情報の応募から入ってくることはないとも言えます。

年齢的にはいい大人ですが、実は組織を管理する立場には、物足りない人材も目立つのです。

素直になれるかが重要

困るのは心構えが甘えてるタイプですね。

私自身が、転職でかなり苦労した経験があるだけに、そう簡単にできる仕事でないのを知っています。

研修数日を見ながら最終判断しますが、経験者か未経験に関わらず、どこか仕事に対する期待値だけが上回っているのをよく見ます。

先日不採用としたのはやはりそんな世代、30代後半の既婚者です。

履歴による経験値は高く、経営者としては採用を希望していましたが、ひとつひとつの作業に経験の高さを感じませんでした。

こういうタイプは、ずっと自己評価が高いままやってきた可能性が高く、指摘に素直になれるタイプとは言い難い、一応最終面接で話しましたが不採用としました。