30代が転職の書類選考(履歴書・職務経歴書)で落とされる理由

「また書類選考で落とされた!年齢のせいかな・・・」

転職活動で希望の会社に応募してみても、書類選考で落とされ面接までたどりつけない。

20代の頃に転職活動をしたことがある人は分かると思いますが、20代前半なら比較的楽に書類選考は通過し、面接まで行けます。
採用担当者も「とりあえず書類選考に通して面接で話を聞いてみるか」と考えていますので、書類選考をクリアすることは意外と簡単です。

ですが30代になると、急に書類選考に落ちるケースが目立つようになります

30代を採用する場合は企業も慎重になります。
「この人は実績があるか?わが社が求めるスキルを持っているか?すぐに辞めないか?」と厳しく見られます。

30代にとって書類選考を突破することは、思っている以上に大変です。

書類選考で落とされてしまえば面接すら受けさせてもらえませんので、自分をアピールすることもできません。
なぜ書類選考で落とされているかを分析して、自分の履歴書・職務経歴書を見直してみる必要があります。

企業が求める年齢・性別に合っているか?

求人をする企業側には、求人情報に書かないだけで基準が必ずあります。
例えば「20~25歳の男性が欲しい」といったケースです。

企業側は20代前半の人を求めているので、30代がこの企業に応募しても書類選考で落とされる確率は高いです。
30代後半なら、どんなにスキルやキャリアがあっても書類選考の時点で落とされるケースがほとんどでしょう。

バリバリ働けるプレイヤーを探しているのに、落ち着いたマネージャークラスを雇うわけはありませんね。

このように、応募可能な求人かどうかを冷静に見極める必要があります。

この場合、求人情報の備考欄をよく見てみると判断できるケースがいくつかあります
下記の文言があれば注意が必要ですので必ずチェックしましょう。

第二新卒歓迎

「第二新卒」というのは、「学校等を卒業後、一度就職をして3年以内に辞めた人」を指します。

基本的に20代前半までの人が欲しいということですね。

年収例:500万円 入社3年目 25歳

ここで注目したいのは年齢が書いてあることです。
企業は「この年代の人が欲しい」と考えていると思ってください。

ついでに年収も書いてあるので、もっと高い年収を求めている人も合いません。

20代中心の職場です

この文言もよく見ます。
「わが社は20代が欲しいです」と書いてあるようなものなので、30代は難しいことが多いです。

ほかにも「若手中心の職場です」といったパターンもありますね。

企業の応募条件を満たしているか?

必要条件の項目に「学歴不問」と書いてあれば基本的に誰でも応募できます。

しかし、「大卒以上」という条件があるケースがあります。

「大卒以上」と書いてある企業に高卒の人が応募するとどうなるのでしょうか。

はっきり言ってしまうと大卒以上が条件なので、それ以外の応募者を振るい落とそうと考えている企業であれば確実に落とされます。
この場合スキルやキャリアは問題ではありません。

「スキルやキャリアは十分にあるから自分なら高卒でも大丈夫」などとの自己判断は禁物です。

他にも「資格必須」という条件がある企業もありますので、応募条件は必ずチェックしましょう。

下記のようなちょっとゆるい基準が書かれていることがありますので、簡単に説明します。


  1. 「学歴不問」・・・高卒でもOK
  2. 「未経験者歓迎」・・・実務未経験だが知識はあること前提のことが多い
  3. 「ポテンシャル採用」・・・基本的に若手向きなので注意
  4. 「ITに関する知識は必要ありません」・・・IT系でこう書かれていれば研修でゼロから教える気でいる

企業の応募条件には足りていないけど、どうしてもその企業に入社したいということもあるかもしれません。
その場合は、応募先の企業に直接確認してみてください。

中にはその熱意が認められて入社できるケースもあります
応募条件に足りていない分、他に優れたアピールポイントがあることが前提ですが。

応募書類が読まれてないかも!?

「企業の年齢や性別のターゲットも合致している」
「必要条件も満たしている」

それなのに書類選考を通過できない・・・

この場合は、履歴書や職務経歴書などの作成能力が低い可能性が高いです。
ただ思いつくままに履歴書や職務経歴書を作成して自己満足していないでしょうか?

30代ともなれば、スキルもキャリアもある人は多いです。
そのような人がやりがちなミスは、「あれもこれもできます!」と書くことです。

つまり何でも自己PRしているというケースです。
焦点がぼやけていて、ただ長いだけの何を伝えたいのか分からない文章。
そのような文章を採用担当者は読もうとは思いませんよね。

せっかくスキルやキャリアがある人であっても、応募書類をちゃんと読んでもらえなければ話になりません。

1名の募集で100名以上の応募があるケースも実際にあります。
採用担当者は、その応募書類を隅から隅まで読むほど暇ではありません。

書類審査に通過するためには一定のルールがあり、その点を気をつければ書類審査を通過する可能性はかなり上がります。

採用担当者にしっかり見てもらうためには、転職ノウハウを詰め込んだ応募書類の作成をする必要があります
その為には、自力で転職本などを読んで応募書類を作り直す方法もあります。

一番確実なのは、人材紹介会社に登録してキャリアコンサルタントにアドバイスを求めましょう。

キャリアコンサルタントは、「この企業の担当者はこういった人を欲しがっている」ということを知っています。
なので、履歴書や職務経歴書にどんな自己アピールを書き込んだほうがいいかも分かっています。

キャリアコンサルタントに転職ノウハウを教えてもらいながら応募書類の作成をすると、今までとは全く違う、ライバルと戦える応募書類が出来上がります。

採用人事担当からアドバイス

私は中堅の機械メーカーで採用人事を担当している伊藤(仮名)と申します。

ありがたいことに業績が好調で規模も拡大しており、人材が不足しています。
特に営業マンが不足しています。

大手なら新卒で採用して育てるところでしょうが、うちのような規模で急激に事業が拡大している会社は、新卒を採用して育てているような余裕はありません。
なので、「即戦力の30代~40代の人を中途で採用する」という方針を取っています。

求人はハローワークだけではなく、転職サイトなどにも掲載し、毎月十人程度応募いただいています。

不採用の条件とは?

即戦力を募集しているので、基本的に能力と過去の実績で採用を判断していますが、ただ応募条件が以下の場合は基本的に不採用にしています。

それは、「前職が劣悪な就業環境だった(極論すればブラックだった)ので、ホワイトな会社で働きたい」という応募理由です。

採用してもすぐに辞められては、求人費用や私自身の手間、配属した部署の手間などを考えると完全にマイナスです。
なので「すぐには辞めそうもない」ことを採用の条件にしています。

就業環境でウチを選んだ人はすぐに辞める傾向があるので、採用しないようにしています。

不採用にしたケース

以前、能力も実績も素晴らしい30代の応募者がいました。
応募書類もこちらが聞きたいことがうまくまとめられていたので採用の第一候補と考えていました。

この方は、「前職がブラックで始発で出て終電で帰り、それがすべてサービス残業で月の休みも2~3日しかないので転職したい」と話していました。

ウチの会社は完全週休2日で、残業代もしっかり払っています。
なので、この応募者を採用すれば当面は頑張ってくれるでしょう。

ですが、熟考の末に私はこの方を不採用にしました

「環境のせいにして転職する人は、また新しい環境でもどこかアラを見つけて転職していく」というのが、長年採用の仕事をしてきて得た経験です。
「劣悪な就業環境から逃げ出したい」という応募者は採用しません。

ですが、「私の会社の方針に期待感を持った」とか、「営業のスキルをさらに生かしたい」といったような前向きな理由であれば採用するようにしています。

まとめ

応募する前に、企業の応募・必要条件(年齢や性別、必須条件など)を自分が満たしているかを見直してみましょう。
自分本位で勝手な判断をしても、また書類選考で落ちることになります。

あなたが応募している企業には、あなたと同じように何十人とライバルが申し込んでいます。
戦略的に応募書類(履歴書・職務経歴書)を作成しないと、担当者はまともに読んでもくれないことを覚悟してください。

自己流に書いて何回も書類選考で落とされているのなら、キャリアコンサルタントに一度頼ってみることをお勧めします。
30代にのんびり転職活動をしている時間はないのですから・・・