30代未経験でもIT業界に転職できる?

現在ブラック企業で働いている、このままこの企業で働き続けても未来はないと考えている・・・
このような人たちは間違いなく転職を考えているでしょう。

「どうせ転職するならやりたい仕事がしたい!」

そう考えてIT業界の門をたたく人は増えています。

ですが、「IT業界で働きたいけど、30代未経験でも転職できるのだろうか・・・」と悩みを持つ人は少なくありません。

一般的に、30代・40代で転職する場合は同業種内での転職が多いです。
その理由は、30代以降の異業種への転職はなかなか成功しないからと言えます。

20代のうちは未経験でもポテンシャルで採用されます。
しかし、30代・40代をポテンシャルで採用するような企業はほとんどありません。

特にIT業界は専門職になりますので、未経験からの転職は難しいと考える人が多いのは当然でしょう。

しかし、実は他業界からIT業界への転職は、職種によってはそれほどハードルは高くありません

私の勤務する会社でもIT業界未経験の30代でも募集をかけていて、実際にそういった人が働いています。

IT業界未経験の30代でも転職可能な理由

まず、IT業界へ転職する際の年齢に関してです。
IT業界は35歳までと言われることが多かったのですが、現在は30代・40代でも採用する企業が増えてきています。

IT業界未経験の人でも、求人募集している企業は以前と比べて確実に増えています。

その理由のひとつに、明らかな人手不足があるでしょう。
実際に求人をかけても以前のように反応がないので、未経験でも取らないとやっていけない企業もあるでしょうね。

どのような職種に就くかにもよりますが、実はIT業界はコミュニケーションスキルがとても重要です。
コミュニケーションスキルがあれば年齢の影響はさほどないと言い切れる職種もあります。

ITスキルのない人にITの基礎知識を身につけさせるのと、コミュニケーションが取れない人にコミュニケーションを身につけさせるのとでは、前者の方が圧倒的に容易かつ短期間で実現できます。

IT業界未経験でもITの基礎知識を身につけさせることは、そう難しいことではありません。
例えばネットワークに関連する資格である「CCNA」も本気でやれば1~2か月で取得できます。

逆にコミュニケーションスキルを身につけさせることは容易ではありません。
そのため、実はIT業界での未経験採用では飲食業や販売に関わっていた人たちがとても人気だったりします

これらの業務に就いていた人たちならば、接客を含めたコミュニケーションが高いレベルで既に身についているからです。

未経験採用が多いIT系3職種

コミュニケーション能力があっても、全くIT業界経験のない人がどこでも即戦力としてやっていけるかと言えば難しいです。
なので、未経験でも積極的に採用している職種をいくつか紹介していきます。

ネットワークの運用監視

未経験採用を比較的積極的に行っている職種のひとつに「ネットワークの運用監視」があります。

この職種では、顧客のネットワークが正常に稼働しているかどうかを監視し、異常が確認されたら定められた手続きに従ってエンジニアへエスカレーション(引き継ぎ)することがメインの業務になります。

この職種で未経験採用が積極的に行われている理由としては、「作業がマニュアル化されていて、その内容に従った行動を必ず行わなければならないため、高度な専門知識が求められないため」です。

ただし、多くの案件では24時間365日の体制になっているため、その場合は夜勤を含むシフト勤務が可能である必要があります

また、状況をエスカレーションする際には、現状を簡潔にわかりやすく担当者へ伝える必要があるため説明能力も必要です。

プログラマ

「プログラマ」も未経験採用を積極的に行っている職種のひとつです。

プログラマの仕事は、コンピューターに命令を与えるプログラムを構築することです。
「Java」「Ruby」といったプログラミング言語を使い、文章を書いていくと言えば分かりやすいでしょう。

高度な専門知識が求められるプログラマですが、1年もすれば未経験スタートの人でも一人でプログラムを書いています。
自分で学んでいく意志さえあれば、十分にやっていけます。

注意が必要なのは、「残業が多い職種である」ということ。

入社前にどれくらい残業があるのかは確認したほうがいいでしょう。

ヘルプデスク

「ヘルプデスク」も未経験採用が多い職種です。
ヘルプデスクは、PCの操作の問い合わせを受けてその操作方法を案内したり、PCの不具合に関する問い合わせを受けてその不具合を解消するといったサポート業務を行う職種です。

この業務でもある程度のIT知識は必要ではありますが、ITにあまり詳しくないような一般のユーザとコミュニケーションを取ることが必須であるため、採用時にはIT知識よりもコミュニケーション能力が重視されます

ヘルプデスクで求められるIT知識もそれほど高度なものではないので、採用後に企業で研修を受け、ITの基礎知識を身に着けたうえで現場へ配属されるケースが多くなります。

資格は取得しておいたほうがいいのか?

必須ではありませんが資格は持っていると尚可です。

今回例で挙げた「ネットワークの運用監視」は言うまでもなく、「ヘルプデスク」でもネットワーク環境で業務を行う必要があります。

そのため、ネットワークに関連する基礎知識や資格を持っていると、より採用される可能性が高くなります

ネットワークに関連する資格としては、「CCNA」「ドットコムマスター」などがあります。

「ネットワークスペシャリスト」などもっと難しい資格もありますが、IT業界未経験で取得すること自体難しいです。仮に取得したとしても、実務経験がなければあまり意味をなしません

それなら、IT未経験でも取得難易度が高くない「CCNA」や「ドットコムマスター」を取得したほうがよっぽどいいでしょう。

たまに私たちも聞いたことないようなマイナーな資格を取得したことをアピールされるかたがいます。

しかしこれは全く意味がありません。
資格取得にかけるお金も時間もムダになりますので注意してください。

「プログラマ」に関しては最低でも独学でプログラミングの勉強はしとくべきです。
簡単なWebアプリなどを作れると採用確率は上がります。

知識も経験もない人が聞くとすごく難しく聞こえますが、意外と簡単に作れます。
「ゼロから始めるプログラミング」といった本の通りにやるだけでもできますので、やっておくことをおすすめします。

私の勤務している会社での事例

実際、現在私の勤務している会社でも他業界や他業種からの人材を多く採用しています。
今月も、ヘルプデスク要因として2名未経験の方に入社していただきました

そして、自社で一定期間研修を受けてもらい、簡単なIT基礎知識を身につけたうえでプロジェクトへ合流してもらいました。

やはりこの2名とも前職が営業や飲食業なので、コミュニケーションスキルが高かったです。実はこのIT業界はコミュニケーションスキルをすごく重要視しています。

IT業界といえば、パソコンに向かってずっとプログラムを組んでるようなイメージでしょう。しかし実際は、顧客と直接やり取りをすることが多い業界です。

クライアント(お客さん)と直接やり取りをしますので、ITスキルだけ高い人よりも、ITスキルはそれなりでもコミュニケーションスキルが高い人のほうが重宝されます。

未経験で採用したこの2名も、その点ではすごく期待しています。

まとめ

IT業界未経験の30代~40代でも、IT業界への転職をあきらめる必要はありません。
当社のように他業界や他業種から採用をしている会社もあります。

30代中盤くらいになると、数社受けたぐらいでは採用までたどり着かないこともあるかと思います。
それでも熱意があれば、30代未経験でも採用されます。

採用されるためには、下記の2点を必ず伝える必要があります。

必ずアピールする!
  1. リーダーシップを発揮した実績(今までの仕事でどのような場面でリーダーシップを発揮したのか?)
  2. 将来のビジョン(入社後どのように活躍してくれるのか?)

この2点をうまく伝えることができれば、採用される可能性も高くなるでしょう。

どうすればいいか分からない人は、IT業界に強い人材紹介会社に登録してコンサルタントに相談してみるといいと思います。

当社のようなIT業界未経験でも採用されるように戦略も一緒に考えてくれます。